プロポリス

MENU

プロポリスの効果と注意点

結論から言うと・・・・
お金に余裕のある人コレ>>
1000円のお試しセット)

 

アメリカから個人輸入(やり方は普通のネット通販と変わらないです)するのに抵抗がない人
コレ>>プロポリス
本品で1500円、他のもありますがコレが一番効いてる感じがしました)

 

が良かったです。

 

 

 

プロポリス

 

プロポリスは体に良いとよく聞きますよね。でも、プロポリスは元々どのようなものが原料になっていて、どのような物質なのかまで詳しく知っている方はあまりいないですよね。プロポリスを買って子供にも飲ませたいと考えているのだけれど、プロポリスは何歳から使っていいものなのかわからなかったり、また、実際に使ったときには身体のどこにどのように効くのかだとか、プロポリスを使うことによっての副作用やアレルギーはないのかなど、あれもこれも色々と気になってしまって手が出せないでいるという方は意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんなプロポリスを使い始める前にありがちな疑問点について、色々とご紹介したいと思います。
まず、プロポリスというのは、ミツバチが植物の樹脂などを練り合わせて作る物質で、ミツバチの巣の隙間を埋めたり、巣を有害な微生物から守るのに使われています。
同じように蜂関連の製品であるハチミツやローヤルゼリーと違って採取できる量は非常に少ない上に、人為的に増量合成する事が出来ない貴重な品です。
プロポリスは紀元前350年から使用されていた記録があり、ギリシャ人は膿傷に、アッシリア人は傷や腫瘍に使っていました。以降、欧米を中心とした世界各地で民間薬や滋養強壮剤として使われています。
トウヨウミツバチやニホンミツバチは作らない物質なので、日本では健康食品としての使用の歴史は浅く、1985年に名古屋で開かれた「第30回国際養蜂会議」をきっかけにプロポリスが注目され、日本でもプロポリスの研究がされるようになりました。
プロポリスは「天然の抗生物質」と呼ばれ強力な抗菌、殺菌、抗炎症効果があるとされています。
プロポリスを使用して実際に効果があったといわれるのは、皮膚科系では火傷や水虫、ウオノメ、アトピー性皮膚炎、ウイルス性皮膚疾患などがあります。内科系では、胃炎、胃潰瘍、十二指腸炎、大腸炎、膀胱炎、腎臓炎、前立腺障害、喘息、気管支炎、結核、
肝炎などがあります。他にも、ものもらいなどの目の炎症、歯痛や口内炎、歯槽膿漏などの口腔系や、二日酔いや育毛にも効果があるようです。
そして、日本で最も注目されているのはプロポリスの抗がん作用です。
プロポリスには抗がん剤の持つような辛い副作用がなく、自己免疫力を高めながらがん細胞を減らしていくという事が研究で明らかになっています。プロポリスはルーマニア、デンマーク、ドイツ、ロシアでは既に医療品として認可されており、日本でもプロポリスを使った療法を確立させるための研究が進められているそうです。
ロポリスはミツバチの生息環境にある植物の樹脂の混合物ですので、その性質は採取される地域によって大きく異なると考えられています。
また、品質ランクや保存容器、添加物の有無などによっても違いがあるため、比較検討してより良いものを選択する必要があります。" "プロポリスを使用する際の注意点としては、蜂の集めたものですので、ハチミツやローヤルゼリーを使用してアレルギーが出た人は、プロポリスの使用でも同じようにアレルギーが出る可能性がありますので注意が必要です。
他の蜂製品は問題がないのにプロポリスでだけアレルギー症状が出た場合には、そのプロポリスが身体に合っていない可能性がある為、別の産地やメーカーのプロポリスに変更してみると改善する場合があります。
また、子供がいる人は一度は聞いたことがあると思いますが、ハチミツに含まれている事のあるというボツリヌス菌がプロポリスにも含まれている事があります。ボツリヌス菌は熱にも強いので、例え高温で熱処理をしても殺菌できません。
大人が使用する分にはボツリヌス感染の心配はないのですが、一歳未満の子供は消化機能が未発達の為にボツリヌス菌に感染する恐れがあります。ボツリヌス感染症は重篤な症状を引き起こしてしまう為、一歳未満の子供には与えないでください。